RECOMMEND
RECOMMEND
うさぎのくらし
うさぎのくらし (JUGEMレビュー »)
佳村萌 with 鬼怒無月/勝井祐二
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Nature's Grace

From New Zealand
ピロリ菌が関係していると思われる病気。
ピロリ菌が関係していると思われる病気には、

* 胃潰瘍
* 十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍
* ある種の慢性胃炎
* 胃ガン
* 胃のリンパ系の腫瘍
* 歯周病


などがあります。

ピロリ菌は人の胃の粘膜に棲み、除去治療をしない限り一生棲み着いている菌ですが、安心してください、ピロリ菌に感染したからといって必ず病気になる訳ではありません。
ピロリ菌に感染しても全く症状が現れず一生胃の病気を経験せずにすむという人も多く、しかし、これも重大なことですよ、ピロリ菌感染者は非感染者に比べ、約3〜6倍胃ガン発生率が高いというのも事実ということです。

 胃潰瘍の80%はピロリ菌由来といわれる程でWHO(世界保健機関)は、『確実な発ガン因子』と断定しています。胃の粘膜の炎症が長期間続くと、慢性萎縮性胃炎が進行し胃潰瘍や十二指腸潰瘍が発生します。

 最近、研究が進むにつれピロリ菌を取り除くことで胃潰瘍を治そうとする『除菌治療』が注目されています。いままでの、胃酸の分泌を抑えるだけの治療では、薬の服用をやめると再び潰瘍が生じることが多かったのですが、化学的除菌療法で胃酸の分泌を抑える薬1種類と抗生物質2種類を1週間飲み続けると、ピロリ菌が除菌され胃の粘膜の状態が改善し、潰瘍の再発率が低下することが世界的にも大規模な臨床試験で明らかにされました。

ただ、化学除菌療法は抗生物質の副作用として軟便や下痢、味覚異常が生じ抗生物質による除菌によって胃の粘膜の状態が、不自然に改善され胃酸の分泌が急激に正常に戻るため、胃液が逆流し食道炎を起こし胸焼けや胃もたれを起こすことも分りました。

西洋医学の、性格上仕方が無いとあきらめますか?

それとも、もっと自然な方法があるとしたら・・・。

あなたなら、どちらを選びますか?

ピロリ菌にはマヌカハニー。注文はこちらから



********トップページに戻る*******
| UMFマヌカハニーで健康 | 10:58 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
ピロリ菌の除菌は必要?
ピロリ菌の除菌は必要?



私もそう信じていましたが
 つい最近まで胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍などの消化器疾患の原因としてストレス、遺伝体質、性格、不規則な生活習慣、さらにはタバコやお酒の飲みすぎ等 、
不摂生がおもな原因であると言われ、塩分の多い食生活、焼き魚など色々なことが問題とされてきましたよね。

ところが・・・、
そうした事と胃ガンとの因果関係はほとんど無く、
(え!何だったの?今まで心配は?)
胃の中は強い酸のためどんな菌も生存出来ないとされてきたお腹の中から、1983年オーストラリアの研究者によって胃内に生存する菌、ピロリが発見され慢性胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍の発症原因と思われてきた事や、その治療方法が180度くつがえされました。
 
(発見者の2教授に2005年度ノーベル生理医学賞が授与されました)

ピロリ菌は正式な名前をヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)と言い、胃などの粘膜に棲む螺旋系の細菌微生物で日本人のピロリ菌の感染率は先進国の中で際立って高く60代で80%以上、40代でも半数を超え、20代30%以上、10代は20%以上、それ以下の子供への感染率も20%近く占められているという調査結果を新聞で読み、ビックリ!! 

 胃の中は胃液で強い酸性に保たれているため、細菌は生きてゆけないとされてきました。しかし、ピロリ菌は『ウレアーゼ』という酵素を持っていて、自分を守るために胃の中の尿素をアンモニアに変え、胃酸を中和するためピロリ菌は胃の中でも生きていられるのです。
 アンモニアが粘膜から粘液をはがしてしまい胃の粘膜を傷つけ、さらにピロリ菌の出す毒素が炎症引き起こす一因になっているそうです。

 慢性胃炎や十二指腸潰瘍を持つ患者の大部分からピロリ菌が見つかり、これまで原因の解らなかった慢性胃炎のほとんどが、実はピロリ菌による感染症ではないかということが明らかになったそうです。

 そのため、子供の胃、十二指腸潰瘍はストレスが原因と考えられてきましたが(不摂生や飲み過ぎとはあまり考えられないもんね)、水やほこりを媒体として広がるピロリ菌の感染が主要原因と判明し、健康な子のピロリ菌感染率は20%程度でしたが、胃炎の子は57%、胃潰瘍43%、十二指腸潰瘍で81%の子がピロリ菌に感染していました。
また、十二指腸潰瘍の数年内の再発率が80%程占めるのに対し、ピロリ菌の除菌により再発率が2%に抑えられるという調査結果を読みました。


化学療法の副作用の心配な方、注文はこちらから




********トップページに戻る*******
| UMFマヌカハニーで健康 | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
UMF20+マヌカハニーは、こんな使い方もあります、

(c) minori kawana / i and i creation

薄く肌に塗ってみてください。
ハニーウォーターを作り洗顔や入浴後顔や肌に、抗菌+栄養補給。
最初わずかにべたつき、数分で乾きさらっとする位がちょうど良いと思います。


 医療現場でも、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の他、外傷の治療に活躍しています。
傷、ねんざ、打身、やけど、皮膚炎、潰瘍、麦瘤腫、関節炎、等床擦れには・・・
 UMFマヌカを、指で直接または、わずかに水でのばし痛む場所を覆うように(体温で柔らかくなりますのでゆっくりと)優しく塗ってください。UMFの殺菌力が傷口を抗菌状態に保ち治癒を助けます。


UMF20+マヌカハニー


********トップページに戻る*******
| UMFマヌカハニーで健康 | 11:47 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |
UMFマヌカハニーを使い始めると・・・。

(C) minori kawana / iand i creation

自己治癒能力を高める、UMFマヌカハニーを
使い始めると、
いろいろ、氣付かされることもあります。

環境保護と、健康の関係についていろいろと考え、地球に害を与えるタイプの化学薬品(除草剤、殺虫剤、防腐剤…)と、菌をやっつければ良い、という考え方の化学合成医薬や抗生物質、なんら変わりもない感がしてきました。

 また自分達と違う価値観や道徳観を持つものに対して正義をふりかざし、退治しようとする現在の人間社会と異端だから(痛んだから)排除したり切り取ってしまう近代医学と重なるものがあります。

 UMFマヌカ蜂蜜を通自己治癒力を高めて健康になり、自然というもの、薬や癒しについて、更には、人間中心の考え方のエゴから来る自然破壊、等についても考えて頂けたらと願います。

自分の体にする事、起きる事と、自然環境、地球に対してすることしてしまった事、痛みというありがたい信号に氣付く事。他の民族や動物、生物、生命すべてに対する慈しみと、同一感。統てが一つにつながっているという大切な事、自分達も地球という生命体の一部であるという事。
だからこそ、癒しのパワーも自然の中に準備されていると思います。

免疫力を高め、自己治癒能力を目覚めさせる。


UMFマヌカハニーが、ひとつのきっかけになってくれました。
UMF20+マヌカハニー


********トップページに戻る*******
| UMFマヌカハニーで健康 | 20:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
UMF20+マヌカハニーを上手に使う

(C) minori kawana / i and i creation

免疫力が高まるということは、排出(解毒)する力が強くなるということです。アトピー性皮膚炎等で、薬からマヌカに切り替えられると、体の免疫作用が高まり一時的に発疹が多くなる場合がありますが、内側から出す力が強くなるためで(発疹は体の中に貯まった毒を出そうとする力です、)できれば、かゆみを感じる度に、かゆみや、ぬるぬるが、なくなるまで、シャワー等できれいに洗い流してから、マヌカ蜂蜜をそのまま、または、薄めたものを塗ります。

かゆみは、体の中から不必要なものが出ようとする時に、内から皮膚を押していると考えてみてください。

UMF20+マヌカハニー

********トップページに戻る*******
| UMFマヌカハニーで健康 | 19:25 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark |
UMFマヌカハニーの効果

(C) minori kawana / iand i creation

 病気は、皮膚から外に出るので、体表に現れる症状は体内の症状より、良い症状だといいます。

皮膚のかゆみや発疹等の、眼にみえる症状を押さえつける事の危険性は、病気のプロセスを内部に押しやり、重要臓器にまで追いつめてしまう恐れがあり、抑圧された病気のエネルギーは、外からの対抗力を停止させると、力を結集し、新しい表現をとって現れようとし、更に強力な抑圧的治療法に抵抗するようなトラブルを発生させます。

 特にステロイド剤の依存症は肥満、抑うつ、潰瘍、白内障、骨の弱化、精神障害、等の害作用がありますが、症状の悪化を恐れ、多くの方が使用量を少しずつ増やす事になるそうです。

押さえつけられた病気のエネルギーはどこへ行ってしまうのでしょうか。

また、食品中の防腐剤や、合成調味料等の薬品にも、副作用や、依存性、中毒性がある事も心の片隅に置き、正しい食事…季節のもの、新鮮なものを食べる。ということも、心掛けていただけるとよろしいと思います。


UMF20+マヌカハニー


自然の法則に調和した生き方の無条件の属性、「健康」。
康らかな心を養い、健やかな体を修めたいものです。



********トップページに戻る*******
| UMFマヌカハニーで健康 | 19:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
UMF20+マヌカハニーの力
森
(C) minori kawana / iand i creation

体が、治癒をはじめると、眠くなる事があります。

できる限り素直に横になり寝てください。
回復が早まります。(体が治すためのエネルギーを欲しています)

 一月くらいで、免疫力が高まり体の治癒能力も活発になっている事を感じていただけると思います。

 マヌカ蜂蜜を食べ始めると、固めの鼻水や、痰が起床時多くなることがあります。体外に出そうとする力ですので、なるべく出しきってください。

UMF20+マヌカハニー






********トップページに戻る*******
| UMFマヌカハニーで健康 | 17:54 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |
UMF20+マヌカハニーを使う

(C) minori kawana / iand i creation


体は一つの全体で、すべての部分が一つにつながっている。
(そして,すべての命もひとつにつながっている)

健康とは、心も体もバランスの取れた状態の事をいいます。
その時、全てのシステムは円滑に働きエネルギーが循環し、とても自然な状態です。
もし、バランスを崩した時、体は元に戻ろうとします。
また、健康な状態に戻ろうとする勢いは人為的に活かす事が可能といいます。



UMF20+マヌカハニー







********トップページに戻る*******
| UMFマヌカハニーで健康 | 17:04 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |